アパレル派遣おすすめサイト
*
アパレル派遣おすすめサイト > キッズブランドで働く > キッズ アパレルブランドへ転職

キッズ アパレルブランドへ転職


キッズ アパレルブランドで働きたい!

キッズ、アパレルブランドへの転職は人気が高いですが、求人数は少ないんですよね。
子供服ブランドで働くには
アパレル転職サイトの公開求人を見ても、全体の1~2割でしょうか。

それでも東京や大阪、名古屋のように人口が多い都市なら、すぐにキッズブランド求人が見つかることもありますね。

当サイトでもアパレル求人サイトを掲載していますが、そのような転職求人サイトの利用がおすすめです。

アパレル求人サイトに登録すると、非公開求人の紹介を受けられますので、その中にキッズブランドの求人募集が含まれているケースもあります。

好条件の求人は非公開のケースが多い」と言われていますから、まずはアパレル求人サイトへの登録を検討されると良いですね。

キッズブランドは老若男女、幅広い年代と接することになります。小学生はもちろん、親御さんやお爺ちゃん、お婆ちゃんまで、様々な年齢層とのコミュニケーションが大切ですね。

大人向けのブランドショップ、アパレルショップの場合、すでに購入する洋服を決めて訪れる方も多いでしょう。もしくはファッション雑誌で気になる洋服があり、ショップにチェックしに来るお客さんもいますね。

友人のアパレルショップで働いている子が言っていましたが、一度来店したお客さんの名前を聞いて、覚えて、次からは名前で呼び掛けるそうです。その方がフレンドリーな接客に繋がり、売上が良くなるのでしょう。

それはキッズブランドも同じかもしれませんね。特に幼稚園児や小学生の場合、まだまだ経済の仕組みが分かりませんから、名前で呼び掛けることで心を開いてくれるかもしれません。

中には人見知りの子供もいるでしょうし、子供目線の会話が大切になりますね。

また、子供が心を開けば、保護者も安心すると思います。

特にお爺ちゃん、お婆ちゃんと一緒に来店する場合、子供とコミュニケーションを取りながら洋服の提案をしたり、「どんな服がいいの?」と声をかけながら、子供が気に入る洋服を提示することになるでしょう。

保護者がお父さん、お母さんの場合は、両親の意向も強いでしょうから、ケースバイケースで接客を変えると良いですね。

いずれにしても、まずはアパレル求人サイトでキッズブランドの仕事を探してみて下さい。アドバイザーに希望を伝えることで、効率よく仕事探しが進むと思いますよ。

【関連記事】
店長・店長候補のアパレル求人を見つけたい
アパレル販売 正社員登用ありの求人


アパレル派遣会社おすすめランキングはこちら

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


キッズ アパレルブランドへ転職関連ページ

子供服ブランドの求人
子供服ブランドのショップ店員の求人募集 子供服ブランドで働きたい、そう考えている方に読んで頂きたいページです。 […]