アパレル派遣おすすめサイト
*
アパレル派遣おすすめサイト > アパレル業界へ就職 > 面接が苦手、緊張してしまう場合

アパレル面接対策


アパレル就職、転職時の面接対策

面接が苦手、緊張してしまう方へ

面接は特殊な場ですから、なかなかリラックスして臨むことは出来ません。

まずは緊張して当然、という気持ちを大切にして下さいね。
アパレル面接対策
緊張というのは本気度の裏返しですから、全く緊張しないと逆に「本気で採用されると思っていない」状態かもしれません。

でも、面接の場で全く自分を出せない、自己アピールできずに終わってしまえば、中途採用は難しいと思います。

緊張しながらも自己PRする、質問にはっきり答えられると良いですね。

そのためには、準備を徹底することではないでしょうか。あらかじめ質問内容が分かっていれば、対策を練ることが出来ますし、想定の範囲内なら緊張も薄いと思います。

履歴書・職務経歴書を作成した後、「自分が面接担当者なら、どんなことを聞きたいだろう?」と考えるようにして下さい。

面接のコツ、面接のポイント的な書籍も売られていますし、インターネットでも面接対策が色々とヒットします。そのような情報もある程度参考にはなりますが、それよりも相手の立場で考えることが大切です。

面接官の気持ちで履歴書を見れば、突っ込み所も分かりますよね。

志望動機に「アパレル業界に興味があったので」と記載していれば、「どのように興味を持ちましたか? 興味を持ったきっかけは何ですか?」という質問をされるかもしれません。

職務経歴書にアパレル以外の仕事を書けば、「その仕事で得られた経験は何ですか?」「なぜアパレル販売を志望したのですか?」という質問も考えられますよね。

そのように徹底的に相手の立場になって、履歴書を見て質問内容を考えることが大切です。そうすれば質問に対する答えも用意できますから、緊張も薄くなるのではないでしょうか。

私も元々面接が苦手で、人見知りで緊張しやすいタイプですが、上記を行ってから面接に臨むようにしていました。

今まで何度か転職しましたが、書類審査をクリアして面接まで進んだ場合、ほぼ100%に近い確率で採用されていますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

あとは、面接を審判の場(裁かれる場所)と思わないことですね。

採用する側とされる側では、力関係が異なります。やはり採用する側にパワーバランスが傾きますし、時にその評価を絶対視しがちです。

しかし採用担当者も人間です。好き嫌いもあれば相性もありますので、不採用になっても落ち込まないようにして下さいね。

お互いの印象を確かめる場と思って面接に臨むと良いでしょう。ダメなら次の面接を受ければ良いだけですからね。


アパレル派遣会社おすすめランキングはこちら

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


面接が苦手、緊張してしまう場合関連ページ

高卒でもアパレル就職出来る?
高卒 アパレル就職 「高卒でもアパレル業界に就職できるのかな・・・」と不安になっていませんか? 職種にもよりま […]
2回、3回と同じブランドに求人応募しても良い?
どうしても働きたいブランドがある場合 2回、3回と同じブランドに求人応募しても良いのでしょうか? 明確な答えは […]
アパレル業界で働くなら東京がやっぱり良い?
東京のアパレル求人はやっぱり多い? アパレル業界で働くなら東京がやっぱり良いのでしょうか? 国内アパレル企業の […]
高卒でアパレル正社員を目指したい
高卒からアパレル業界へ就職 高卒でアパレル正社員を目指すのは現実的でしょうか。 結論から申し上げると、高卒でも […]
アパレル業界の景気
アパレル業界の景気について これから就職・転職を希望する業界の景気、アパレル業界の景気って気になりますよね。 […]
上京してアパレル企業へ就職したい
地方から東京へ。上京してアパレル企業へ就職したい 上京して東京のアパレル企業へ就職したい方へ。 お住まいの地域 […]
アパレル業界の仕事は意外とハード!?
アパレル業界の仕事は意外とハードなのでしょうか? 体力的に大変!といった話を聞いたことがある方も多いのではない […]
【アパレル就職】プレスを目指すには
自社製品の広報的な役目を担うのが、アパレル業界のプレスの仕事です。 プレスとして仕事をする事を目標とされている […]
パタンナーになるには
アパレル業界の仕事、職種についてご紹介しています。 洋服の型紙をつくる職種がパタンナーというお仕事です。 この […]
【アパレル就職】デザイナーを目指すには
アパレル業界に就職するといっても、まずは自分の目標を明確にしなければいけません。 アパレル業界に入り、自分は何 […]